夜勤専従看護師 - 支援サービスサイトを利用

看護師が現在の仕事の不満があったり今よりもスキルアップしたいときは<転職>という選択肢になることが多いです。ナースバンクやハローワークは完全無料で利用できます。最近テレビコマーシャルでも良く見かける看護師専門転職サービスも同様に無料で利用できるのです。
看護師が夜勤専従で勤務する実態は

――では何故「無料」で転職支援ができるのでしょうか?

だれでもがこういった仕事ができるのではなくて厚生労働省から認可を受けなければなりません。看護師専門転職サービス会社は、病院などの医療機関から求人情報をあずかります。

そして希望する看護師を紹介して契約になれば、成功報酬として紹介手数料をいただいて運営するシステムです。だから看護師が転職を希望しても無料で利用できるようになっています。

――具体的にどういったサポートを受けることができるのでしょうか?

ユーザー登録した看護師の希望条件で仕事先が探せるように徹底的にサポートしてくれます。個人個人希望内容は違います。条件は勤務地であったり給料や労働時間であったりするでしょう。また福利厚生・診療科目・職種・環境などのこだわりたい人もいると思います。

こういったワークスタイルを追求できるのはハローワークやナースバンクでは実現しません。看護師独特の業務やストレスや悩みを理解しているからこそ、最適な条件の職場を見つけ出してくれるでしょう。

――次に看護師専門転職サービス会社を利用した場合の就職活動の流れを見てみましょう。

専任コンサルタントは、あなたが希望する時期までに転職できるように全力をつくします。平均すると1カ月から2カ月程度で次の仕事先は見つかるでしょう。スムーズに退職できるアドバイスもしてくれます。求人探しから入職までのスケジュールを組み立ててくれます。

会員登録したら、希望条件を伝えるだけでOKです。そして最適な求人情報をもらい、その中で選びます。コンサルタントに伝えたら、面接スケジュールを調整してくれたり、労働条件を交渉してくれたり書類手続きをサポートしてくれます。現在仕事中の看護師でもラクラク転職できるのです。

病院勤務の看護師にはないフィールドナースの魅力点

フィールドナースの場合は病院を選ぶのと異なり勤務先選びはピンキリです。より勤務条件の良い会社を探せるでしょう。ここでは、病院勤務の看護師にはないフィールドナースの魅力点をまとめてみましょう。

あなた自身の看護スキルや経験・特殊技能や資格を活用しながら、やりがいのある仕事ができることが大きな魅力でしょう。活躍できるシーンがとても幅ひろい特徴があります。

だからこそ「その人それぞれにあった働き方」が多く存在します。魅力を語り尽くすのは難しいでしょう。今回はその中でも3点にしぼってみました。

1番目は<勤務環境が整備されている>ことです。看護師資格を活用して一般会社員として企業に採用されるのがフィールドナースです。勤務形態や雇用条件はその会社の一般社員に準じますから、日勤・福利厚生・週休二日制と看護師では手に入りにくい環境が満たされます。

看護師につきものである当直や夜勤はありません。生活のリズムをくずしてしまうことはなく極めて健康的で人間的な業務ができるでしょう。病院看護師経験がある人なら誰でも理想的な勤務条件であることは理解できるはずです。

2番目は<仕事の内容を正当に評価してもらえる>ことです。フィールドナースは医療のプロ・看護のプロとして採用されるわけです。その人物が持っている経験やスキル・専門知識・豊富な経験を正当に評価してくれます。

そのことは待遇や年収に反映してきます。上昇志向が強い人や向上心が強い人や自己啓発に積極的な人にとっては理想的な職場でしょう。モチベーションが高く維持できると思います。

3番目は<給与が高い水準である>ことです。2番目とも関連しますが看護師資格をフル活用するのみならず豊富な医療知識や看護経験を持っており高い専門知識で仕事ができるプロがフールドナースなのです。

こういった視点から会社によってはフィールドナースを「クリニカルスペシャリスト」と位置づけていることもあります。会社が看護師国家試験有資格者に対して大きな期待を持っているのが理解でいることです。このことは専門職・プロフェッショナルとしての採用ですから高額報酬が約束されるのです。